2022.5.12 港区某児童館 お箏教室

今日は、新しい一年生が2人参加してくれました。ピアノをやっているけど、お箏は初めてと教えてくれました。

正座が慣れないようでお休みをしながら弦の説明をしたり、親指にお爪をつけて「テン」の練習をしました。お指が小さくて可愛らしい姿がとても印象的でした。

弦の数字を覚えるとあっという間にスラスラと弾けるようになり最後にはゆっくりですが、みんなで「さくら」を演奏することができました。

中にはお友達同士で誘い合って参加してくれた子もいて、離れているお友達と目を合わせたりお友達の様子を伺いながら楽しんでいる様子が見られました♪

今日は低学年を中心に10名ほどの参加で終始、賑やかなお箏教室となりました^_^

訪問 小松、平林

報告 平林

2022.4.14 港区某児童館 お箏教室

先日、発表会も無事に終了し今日からまた『さくら』の練習を始めました。4月になり、また新しい一年生も沢山入ってきてくれるといいなと今からとても楽しみです。

経験者の子ども達は、今までお爪を一つだけ親指につけていましたが、慣れてきた人には中指もお爪をつけて練習をしてみました。さくら〜の部分を合わせ爪で弾く練習をしました。

今までよりお爪が一つ増えて始めはとても弾きにくい様子でしたが、すぐに慣れて綺麗な音色が出せるようになりました^_^

今日は低学年を中心に8名ほどのお子様が参加してくれました♪

最後はみんなで『さくら』をお合奏して終了しました。

訪問 小松、平林

報告 平林

2022.3.17 港区某児童館 お箏教室

本日は、月に一度のお箏教室でした。2日後に控えているこの児童館での発表会に向けて当日参加される子ども達と一緒に本番前の最後の練習をしました。

曲は今まで練習をしてきた『さくら』です。

座る位置や姿勢、始まる時のおじぎの仕方、演奏を始める時の練習や弾き終わった後のおじぎまでを繰り返し練習しました。

あっという間の1時間でしたが、子ども達は息を合わせて演奏することができました。

当日の発表会が楽しみです^_^

訪問 小松、平林

報告 平林

2022年4月21日 オンラインコンサート

コロナ禍で訪問演奏のご依頼が激減している中、宇都宮の施設様とZoomにて
お箏のオンラインコンサートを行いました。「コンサート」と名前がついているので、
こちらも訪問着にてバッチリ準備をさせていただきました!

オンラインということもあり、ご利用者様お一人ずつのお顔は拝見できず残念でしたが、
皆様楽しんで参加されているご様子はうかがえました。
楽しい時間もあっという間に過ぎ、最後は「幸せなら手をたたこう」を歌い、
盛り上がって終演いたしました。

ありがとうございました!

<演奏曲>

 ①六段の調
♬②春の童謡曲メドレー(春の小川→朧月夜→早春譜)
♬③茶摘み
♬④背くらべ
♬⑤鯉のぼり
 ⑥カノン
 ⑦アメージンググレース
♬⑧川の流れのように
♬⑨上を向いて歩こう
♬⑩幸せなら手をたたこう

<演奏者>
藤枝加奈子

和楽久シニアレジデンス長津田様

日時 2022年3月20日 14:00~
場所 和楽久シニアレジデンス長津田

こちらの施設様へは毎年訪問させていただいており、今回で5回目になりました。
例年1月にお伺いしておりましたが、今年は3月の暖かい日の訪問となり、
移動中に通った桜並木の景色がいつもと違い、春始まりの明るい色合いになっておりました。

演奏も春にちなんだ曲をメインにお送りさせていただきました。

引き続き、皆様と一緒に歌を歌うことは叶わない状況ではありますが、
後半の春の曲メドレーや花は咲くの演奏時には皆様の歌声が演奏者まで届いてまいりました。
この歌声が私たちにも力を下さっており、大変うれしくまたありがたいことです。

また100歳のおばあちゃまもご参加くださいました。
楽しみにされていたとお伺いし、とてもうれしかったです。

今回もありがとうございました。

【演奏曲】

  1. 寿襲八千代獅子
  2. 桜爛漫
  3. 春の姿
  4. 飛躍
  5. 春の曲メドレー(春の小川・朧月夜・早春賦)
  6. 花は咲く
    (アンコール)365日の紙飛行機

【演奏】
平林、吉川(報告)

2022.03.12 赤坂図書館音楽会

赤坂図書館様主催の音楽会「和の音色に親しむ」イベントにて、お箏とお三味線の演奏をさせていただきました♬

港区の図書館では地域住民の方へお楽しみいただけるような音楽会を主催し、無料でご招待をされているそうで、今回は「和の音色に親しむ」イベントでしたので私どもの地唄箏曲美緒野会へお声がけをくださいました。

この日はお天気も良く、日中は20度を超えるような暖かさで、お出かけ日和の一日に、なんと、12名ものお客様にお越しいただき、全10曲を披露させていただきました。

あっという間にお時間が過ぎ、大変楽しいひと時を過ごさせていただきました!

  • 新三番叟
  • 寿襲八千代獅子
  • 春の姿
  • 飛躍
  • 祭花
  • 春の曲メドレー
  • カノン
  • アメージンググレース
  • 365日の紙飛行機
  • パプリカ

ありがとうございました!

【訪問者】
平林圭子、中井陽子、藤枝加奈子(報告)

2022.2.17 神明子ども中高生プラザお箏教室

本日から『さくら』の練習です♪
今まで練習していた曲とは違うお調子で、子供たちは始め少し弾き慣れない様子でしたが、すぐにスラスラと弾けるようになり講師と合わせて何度かお辞儀の練習からお合奏の練習まで出来ました。

20分ずつの3回に分けたレッスンで、各3〜4名参加で終始とても賑やかな時間でした♪
『さくら』を知らない子がほとんどでしたのでこれを機に知ってもらえたら嬉しいです!
また来月のレッスンも楽しみにしています。

訪問 小松 平林(報告)

2022年2月15日 大田区立羽田小学校お箏の授業 (3回目)

大田区立羽田小学校の4年生のお箏の体験授業にお伺いしました。
本日は3回目の最後の授業です。
前回の授業では、座り方、お爪のあて方、弾き方までを勉強し実際に体験しました。
今回の授業では、姿勢、弾き方、音色をさらに意識しながらどうやったら綺麗なお箏の音色が出せるか、また綺麗な姿でお箏を弾けるのかというところまでを意識しつつ『さくら』を演奏してみましょう!と授業がスタートしました。
お箏が20面、今回は生徒が32名、講師6名、一人の講師が3、4人を担当する形で30分ほど何度も繰り返し練習しました。お箏を弾かない子供たちは後ろに集まって音楽の先生とリコーダーで『さくら』の練習をし、時間半分で交代制にしました。
普段の授業よりも練習できる時間が多くある中で、子供たちは自分達でどうしたら綺麗な音色が出せるか考えながら弾いている様子が見られました。
ある子は、一小節ごとに左手で音を止めて弾いていました。どうして音を止めて弾いてるの?と聞いてみると前の音が次に弾く音と重なってしまうから、前の音を消して弾いた方がいいかなと思いました、と答えてくれました。
ある子は、さくらの部分の、『七、七、八』の部分が、七を2回目に弾くとき爪が当たったた瞬間にビビビッと変な音がするのですが、どうやったらならなくなりますか?と質問してくれました。
4年生はこんなにも音色に耳を傾けて弾くことができるんだなととても感心しました。
子供の集中する力、姿に改めて感動しました。
時間の途中で、二人チームのところはリコーダーチームと交代をし、最後はリコーダーとお箏20面とで『さくら』のお合奏をしました♪
姿勢やお箏の音色が前回より格段に綺麗になり、みんなで息を合わせて一つになって演奏する姿に感動しました。

お箏とリコーダーの素敵なコラボレーションを見せていただき、とても立派な演奏ができました!

今月末に学校で『6年生を送る会』があるとの事で、そこでサプライズで選抜でお箏とリコーダーの演奏をプレゼントしたいと思います!!!と音楽の先生が仰いました。
チャレンジしてみたい人いますか〜?と聞くと、ほぼ全員の子が勢いよく挙手してる姿が見られました♪
帰り際には『楽しかった!』『またやりたいです』と元気な感想を聞かせてくれました♪
最後にしっかりご挨拶をして、本日の授業が終了となりした。

ご準備をいただきました、羽田小学校の先生方をはじめ羽田スクールサポートの皆様、ありがとうございました。

訪問 小松、佐藤、足立、佐々木、江夏

報告 平林

2022年2月1日 大田区立羽田小学校お箏の授業 (2回目)

本日は、大田区立羽田小学校4年生のお箏の体験授業にお伺いしました。
1回目の授業でお箏の名称や座り方、弾き方などを勉強したので今日はいよいよ子供達によるお箏の『さくら』体験レッスンです。
授業前に音楽の先生から、授業でもお箏を練習しましたが、さくらの部分だけでもなかなか難しかったです、とのこと。
以前6年生のお箏の授業ではチューナー(学校で6つ購入されました)まですらりとマスターしていたので、4年生はどうかと試しに教えてみたところ、どうやら細かい部分が気になってしまい難しかったようで2年の差を大きく感じました。との感想をいただきました。
授業前の楽器の準備は7名の講師でスムーズに進み、学校のお箏6面と14面で合計21面が整列された体育館は圧巻でした。
1面に2人ずつ並び、前回の授業を思い出しながら座り方、お爪での弾き方、左手を置く場所などを確認。
親指に爪をはめてサイズが合っているかを確認し、まずはじめの七の音で『テン』の練習をしました。
その後は、すらすらと子供達で弾き進めていきました。向こう指を糸のうえにつけることと、親指を伸ばして弾くことが難しい様子でした。演奏している時に左手を弾く位置とは反対側に移動させている子を見受けました。弾いている近くに左手があると変な音がする。と体験の中で気付いたようです。左手は白い琴柱の左側におくんだよ。と伝えると『あ、そうかー』と納得の様子でした。

あっという間に授業も終わりに近づき、先生に手拍子でテンポをとっていただき講師達も前で一緒に弾きながら『さくら』を繰り返し全員で練習をし、最後にはみんなで息を合わせて演奏ができるようになりました。
演奏後には、子供達みんなで糸を軽く持ち上げながらやさしく琴柱を外し、柱箱に戻す、琴袋に入れる、使用した譜面台、琴台、お爪を順番に前に片付けるところまでを行い、ご挨拶をして授業が終了となりました。

次回の3回目の授業では、どうやったらもっと綺麗な音色が出せるようになるか、演奏している姿はどうやったら綺麗に見えるのかという部分にも触れつつ授業を行なっていただけたらとのことです。

3回目の授業が楽しみです。

本日はありがとございました。

訪問 小松 遠藤 佐藤 佐々木 江夏

報告 平林

2021年12月4日 港区某児童館お祭りにて お箏の発表会

港区内の児童館でお祭りがあり、月に一度の練習を重ねて児童館でのお祭りで『お箏の発表会』を開催しました。
今回は他の沢山の子供たちからも希望がありましたが、4名で『イッツア スモールワールド』を演奏しました。
舞台の袖から短箏で伴奏を入れ、とても綺麗なメロディーになりました。
この一年間ずっと練習を重ねてきた曲です。今回発表の4人皆んなで合わせたのは一度きりだったのでとてもドキドキしましたが、みんないつも通りにとても上手に演奏できました。
お辞儀もしっかりできました。
また来月からのお琴教室が楽しみです♪
こうやって発表の機会があると子供たちのやる気もアップして良いですね。
終了後には、子供たちの演奏を見たお父さんやお母さん達からお箏が弾けるようになってる姿を見れて驚きました!とても感動しました、と感想をいただきました。